• 201707
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不破共産党議長、退任(どの道、終わっている共産党)
日本経済新聞より転載
共産党の第24回大会は14日、最高幹部の不破哲三議長(75)が退任する人事を決め、閉幕した。不破氏は大会で「私自身が我が党の現在と将来を考えて決めた。最終的な責任を担い続けることは、党の指導体制として合理的ではない」と退任決断の理由を説明した。(2006年1月14日 日本経済新聞)


来年の統一地方選と参院選を前に、党勢拡大へ向け「世代交代」を印象づけるのが狙いだろうが、共産党が、何はさておき、やるべきことは党名の変更である。それをやらない限り、民衆の「共産主義」へ対する拒否反応を取り除くことは不可能であり、党勢拡大もなにもあったものではない。こうしたシンプルな事すらもわからない共産党、「終わっている」、と言うしかない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 grevoの視点 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。