• 201709
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やりたい放題国家、「北朝鮮」と「イスラエル」の共通点
アジアのやりたい放題国家の北朝鮮がテポドンを発射させた一方で、中東のやりたい放題国家のイスラエルが、パレスチナ自治区ガザ地区への侵攻に続き、レバノンへの侵略も開始している。両国の共通点は、やりたい放題国家の親玉である米国との特別な関係であり、前者は敵対関係を装っているるが、実のところは親密な模様。他方、後者における目に余りまくる親密さは周知の通りである。

ブログ内関連記事

北朝鮮関連
「犯罪国家:北朝鮮」とその背景

イスラエル関連(古い順)
「西側のダブルスタンダード」
「蜜月関係の米英、臨界前核実験を実施」
「イスラエルのNPT非加盟に合意していた米国」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 農業貿易は、一方では安価な食品をもたらす可能性によって低所得の消費者に利益をもたらすが、他方では貧しい農民・漁民地域社会の生計を脅かす。アジア太平洋地域の政策策定者は、農業貿易で人間開発を促進しようとするならば、これらの考慮要因のバランスを保たねばなら
2006/07/18(火) 21:53:16 | 晴耕雨読
イスラエルはパレスチナを締め出すために数年前から東西ドイツ・・・・・・・・・・・
2006/12/26(火) 16:10:46 | 聖書 暗号 2006 the bible code【聖書の暗号が示す2006年とは】
copyright © 2005 grevoの視点 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。