スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライスのレバノン訪問、臭すぎるパフォーマンス
「米国務長官、レバノン訪問 戦闘沈静化へ調停開始」
東京新聞ネット版より転載


【ワシントン24日共同】ロイター通信などによると、ライス米国務長官は24日、中東歴訪の第1弾として、事前予告なしにレバノンの首都ベイルートを訪問した。同日中にイスラエル入り。イスラエル軍とイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラの戦闘が激化しているレバノン情勢の沈静化に向け停戦調停を開始した。

米政府がイスラエル寄りの姿勢を示す中、事態収拾に向けた調停と国際部隊派遣に対する米側の出方が焦点。イスラエル、レバノン双方の死者は400人を超えており、ライス長官の外交手腕が問われる。

長官は当初、イスラエルを最初に訪問するとみられていた。ロイター通信は、長官がベイルートでレバノンのシニオラ首相やシーア派政党指導者と会談すると伝えた。
スポンサーサイト
イスラエル軍、ガザ地区で化学兵器を使用
レバノンでの侵略戦を激化させると同時に、ガサ地区での戦闘も継続させているイスラエル軍のガサ地区における化学兵器使用が明るみに出ている。詳細はここをクリック
秘密工作資金 
驚くことでもないが、米国務省がこの度刊行した外交資料集(1964~68年)には、米中央情報局(CIA)が日本の従米政権安定化のために1958年から10年間にわたり自民党や旧社会党右派の有力政治家への秘密資金や、左派勢力の抑え込み工作資金などを提供していた事実が盛り込まれているらしい(情報元)。

驚くべきは、「左派抑え込み工作資金を提供したCIAの秘密資金源」と「左派勢力自体の秘密資金源」が同一であるという点だろう。

copyright © 2005 grevoの視点 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。