スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「共謀罪」成立のための米政府の小細工
反対世論の高まりによって、今のところ「共謀罪」の強行採決は見送られているが、予断は禁物だ。小泉従米政権に同案の成立を迫っている米政府が、そのような状況の下、「日本国内の米国関連施設に対するテロ攻撃の可能性がある」などとし、小細工をしかけている。
スポンサーサイト
copyright © 2005 grevoの視点 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。